« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

漢詩 自然詩 春景色

 春の景色 

P4090071

                 奈良公園浮見堂の櫻と三笠山                      
                                             
  
陽春の弥生、 満開の桜の下、何処もかしこも花見客が宴を開いて歓声が響きます。野辺の小道には蝶が舞い、蜂が花を求めて飛び回る。遙か野山は一面霞たなびくのどかな春景色。幼い頃見た故郷の桜の美しさは、瞼に焼き付き忘れることが出来ません。
                                                                                       
     題  春日郊行                         

 櫻花爛漫画橋傍    櫻花爛漫、画橋の傍ら。 

 旧誼親朋酔艶陽   旧誼、親朋艶陽に酔う。

 舞蝶飛蜂春色遍   舞蝶、飛蜂、春色遍し。 

 山川十里採霞揚    山川十里、採霞揚る。   

     
    

<見渡す限り満開の桜、桜、、、絵にかいた様な美しい橋の傍らの桜の下。
 昔馴染み、親しい友達が宴を開いて酔いしれる。  辺りは蝶が舞い、蜂が飛び廻り、
 遙か野山や川面も一面霞たなびく今たけなわの春景色。>

 画橋 :美しい橋    旧誼、親朋 :昔馴染み、親しい朋

 艶陽 :華やかな春の季節   春色遍 :見渡す限りの春景色

 十里 :何処までも   採霞 :美しい春霞

Img_0439

        満開の染吉野(京都府八幡市背割り公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢詩 南都の春 

花咲く奈良郊外に遊ぶ

P1010255

  春霞に煙る東大寺大仏殿と興福寺五重の塔の遠望 

奈良東大寺二月堂の「お水取」が終わると、南都には春が訪れます。
今年もお水取りと共に斑鳩の野道にはたんぽぽが一輪顔を出し、畑の菜の花が春風にそよぎ、民家の庭先の木木には、桃、梨、色とりどりの花が咲きはじめました。

遠くを望めば春霞に煙る高楼、歴史の重みを感じる素晴らしい春の景色が、訪れる観光客の心を和ませてくれます。

    花時遊奈良郭外

   
芳草青青度恵風    芳草、青青として恵風度る。

桃紅梨白百花叢   桃紅、梨白、百花叢し。

南都郭外賞春好    南都の郭外は春を賞するに好し。

遙望高楼淡靄中    遙に望む高楼は淡靄の中。

<道端の若草が青々と茂り春風になびく。 

民家の庭先には紅い桃、白い梨の花が咲き乱れ。

南都、奈良郊外の美しい春景色は観光には素晴らしい処。

ふと前方を見ると遙か靄の中には五重の塔が微かに浮かんで見える。

(道行く観光客はこの素晴らしい古都の風情に魅了される。)>

  芳草:芳しい若草   南都:奈良    郭外:郊外     淡靄:春かすみ

P1010054_lnk 

       斑鳩 「法輪寺」  ( スケッチ )

Img_0338  

       斑鳩の菜の花畑と 「発起寺」                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »