« 漢詩 南都の春  | トップページ | 漢詩 懐古の詩 »

漢詩 自然詩 春景色

 春の景色 

P4090071

                 奈良公園浮見堂の櫻と三笠山                      
                                             
  
陽春の弥生、 満開の桜の下、何処もかしこも花見客が宴を開いて歓声が響きます。野辺の小道には蝶が舞い、蜂が花を求めて飛び回る。遙か野山は一面霞たなびくのどかな春景色。幼い頃見た故郷の桜の美しさは、瞼に焼き付き忘れることが出来ません。
                                                                                       
     題  春日郊行                         

 櫻花爛漫画橋傍    櫻花爛漫、画橋の傍ら。 

 旧誼親朋酔艶陽   旧誼、親朋艶陽に酔う。

 舞蝶飛蜂春色遍   舞蝶、飛蜂、春色遍し。 

 山川十里採霞揚    山川十里、採霞揚る。   

     
    

<見渡す限り満開の桜、桜、、、絵にかいた様な美しい橋の傍らの桜の下。
 昔馴染み、親しい友達が宴を開いて酔いしれる。  辺りは蝶が舞い、蜂が飛び廻り、
 遙か野山や川面も一面霞たなびく今たけなわの春景色。>

 画橋 :美しい橋    旧誼、親朋 :昔馴染み、親しい朋

 艶陽 :華やかな春の季節   春色遍 :見渡す限りの春景色

 十里 :何処までも   採霞 :美しい春霞

Img_0439

        満開の染吉野(京都府八幡市背割り公園)

|

« 漢詩 南都の春  | トップページ | 漢詩 懐古の詩 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢詩 自然詩 春景色:

« 漢詩 南都の春  | トップページ | 漢詩 懐古の詩 »