« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

漢詩 竹田城 

竹田城(虎臥城)偶感 

            ( 何れの写真も画面上クリックすると写真が拡大出来ます。)

 Img_0645

                    竹田城跡 前方は竹田の町並(本丸跡から望む)

兵庫県北部、但馬の国、竹田 (現、朝来市和田山町竹田) の円山川沿に「竹田城」があります。 川面から標高350メートル余りの虎臥山に聳える古城は「天空の城」、又城郭の縄張りが、虎の臥す形から別名「虎臥城」とも称されています。    この城は応仁の乱で有名な山名持豊(宗全)が築城しましたが、その後 度重なる戦乱により落城し、現在は茨の雑草に埋もれた累々たる櫓石垣だけの城跡です。しかし楼閣が無いのが返って苔むした石垣をクローズアップさせ、往時の治乱興亡を連想させる素晴らしい山城です。   本丸址に登り当時の余韻を感じつつ、、、、

                           Img_0666        

               本丸跡 遠望   

虎臥城偶感

聳立天空上古城     天空に 聳立す古城に上(ノボレ)ば

往時塁石没榛荊     往時の累石は榛荊(シンケイ)に没す

英雄覇業興亡址     英雄 覇業の 興亡址

虎臥山寥傷客情     虎臥山は寥(リョウ)として、客、情を傷しむ     

天空高く聳え立つ古城(竹田城)に登れば、                  
(楼閣は落城し今は無く)往時の塁塁たる石垣が青々とした茨の雑草に埋もれる。
英雄、(山名持豊)の天下支配の興亡の址、
虎臥山の古跡に立てば(過ぎ去った治乱興亡を思い)空しく心の傷みを感じる。

 古城:竹田城(別名、虎臥城の名で呼ばれる) 
  榛荊:茨の草      英雄 :山名持豊(宗全)
  虎臥山 :竹田城跡の山

Img_0651  

                      本丸え伸びる石段

Img_0634_2                        

              茨の草に覆われる塁々たる櫓石垣

           

             

         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »